団地の洗濯機排水。お問い合わせおおいのでわかりやすい写真で説明します。

ナガツユアートテック

080-9409-0562

〒276-0025 千葉県八千代市勝田台南2-22 E-301

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土曜日、日曜日

団地の洗濯機排水。お問い合わせおおいのでわかりやすい写真で説明します。

リフォーム豆知識

2020/11/27 団地の洗濯機排水。お問い合わせおおいのでわかりやすい写真で説明します。

団地、マンションでリフォーム、リノベーションをお考えでしたらナガツユアートテックにご相談ください。

 

団地にお住いのお客様からの洗濯機の排水に関するお問い合わせをたくさんいただきます。

何時もご覧いただきありがとうございます。

こんなに細かいこと書いてもわかんないかな?と思いながらも、構造や仕組みやろうとしている工事の内容を理解していただきたい、参考にしていただきたいと思って書いているのですが、驚くほどよく読んでくださったり、理解してくださったうえでお問い合わせやお電話をいただくので、本当にありがたい限りです。

 

先日、松戸の団地で排水の工事をさせていただいたので、今日はその時の写真で説明させていただきます。

 

 

脱衣所の床を解体したところです。ここまで解体されていると作業自体は実にやりやすいです。

解体した後はきれいに掃き掃除しましょう。

写真で赤っぽく見える鉄の配管は給水配管(水)です。銀色のほうがガスの配管です。今回は脱衣所の配管工事だけでしたので無理なのですが、もし全面的なリノベーションで他の床もやり直すのであれば、給水の鉄の配管はパイプスペースの二次側から樹脂製の配管に入れ替えたいです。鉄管なので老朽化が進んでいるところが多くある日突然、さびて漏水し始めてしまいます。また排水の配管をするのにもじゃまになって既存の床下に収まらない時があります。もし全面的なリノベーションであれば検討してみてください。

 

排水の分岐を設置します。

 

 

ここから排水を伸ばしていきます。また水平器で勾配を見ながら調整して金具で固定していきます。

今回は最初のところで鉄管にあたってしまうのでこれ以上下げられませんでした。

排水が完成したらこの状態で何度もバケツで水を流し配管からの水漏れがないかチェックします。

配管の高さに合わせて新たな床を作っていきます。

作業自体の流れとしてはこんな感じです。

今回は物入のところに洗濯機置き場を造るということで配管が若干長くなりました。

団地で洗濯機置き場のリフォームをお考えでしたら参考になさってください。

洗濯機置き場に関する以前の記事https://nagatsuyuarttech.jp/blog/1200/https://nagatsuyuarttech.jp/blog/705/

千葉市の団地の洗濯機置き場の工事例https://nagatsuyuarttech.jp/blog/842/、

脱衣所周りの小金原団地での工事例です。https://nagatsuyuarttech.jp/gallery/1298/

 

 

ナガツユアートテック

事務所ファックス 047-483-0562
担当 携帯 (永露)080-9409-0562/080-5695-0562

お見積もりご相談は無料です。
八千代、佐倉、成田、印西、船橋、習志野、松戸、柏以外のお客さまでも対応エリアご相談ください。

住所 〒276-0025 千葉県八千代市勝田台南2-22 E-301
営業時間 9:00〜18:00
定休日 土曜日、日曜日
ホームページ https://nagatsuyuarttech.jp

TOP